坂本花織の父親は警察官で実家はお金持ち?2人の姉もかわいいって本当?

すっかりトップフィギュアスケーターとしてお馴染みの顔となった、坂本花織選手。北京オリンピックでもトップを狙える坂本選手は国内外からも注目されています。

今回は、坂本選手の家族にスポットを当ててみました。ご両親の職業や、お金持ちという噂は本当なのか?また、切れ長の目でキレイな顔立ちの坂本選手。2人の姉も美人(かわいい)のでしょうか?

目次

坂本花織の父親は警察官

坂本花織と警察官の父のツーショット

2019年のTwitterに載っていましたが、現在はすでに退職されているようですね。

優しく厳しそうなお父様です。

坂本花織の母親の職業は?

坂本選手の母は専業主婦としてしられており、練習の送り迎えや食事の管理、メンタル面のケアをされていたのではないかと思います。

Twitterでは“厳しくも愛情深き母”と記されていて、厳しいとは意外だなぁと思いました。スケートや勉強、私生活に檄を飛ばすこともあったのでしょうか!でも、娘のために、時間や労力を割いて、愛情をかけたからこそ、オリンピック選手へと上り詰めたのでしょう。

坂本花織の実家はお金持ち?

警察官の父と、専業主婦の母に育てられた坂本選手ですが、実家はお金持ちという噂があります。

その噂の根源は、フィギュアスケートを4歳から習っているということにありそうです。子供の習い事の中でもダントツでお高いフィギュアスケートは、お金持ちのスポーツとも言われますよね。

そのため、坂本選手の実家はお金持ちに間違いないと思われているのだと思います。

トップレベルのフィギュアスケート選手は、海外遠征や振り付け、衣装など、年間1000万円の費用がかかるとも言われています。今ではスポンサー契約で、企業からのサポートもありますが、幼少期の初級、中級レベルの頃は、全額自費となるでしょう。

国際試合に出るレベルになれば、交通費、宿泊費は引率のコーチの費用もあり、振り付け、衣装、エントリー費や、靴代などで、一気に費用が上がるでしょう。

幼少期のフィギュアスケ−トでは、年間1000万まではかからないものの、リンク使用料、レッスン料、スケート靴など、初級クラスの頃から、月10万〜20万とも言われます。地域や指導者、レベルによっても大きな差がありますので、一概には言えませんが、安くても年間100万以上にはなりそうですね。

更に、坂本選手には2人の姉がいるので、3人の養育費などを合わせれば、一般の家庭では厳しい金額が飛んでいきそうです。

坂本選手の“実家はお金持ち”は間違いなさそうですね。

坂本花織の2人の姉もかわいい?

坂本選手には2人のお姉さんがいます。年が離れていて、長女は14歳、次女は12歳年上だそうです。切れ長の目が似ている気がします。現在の画像は見つかりませんでしたが、幼い頃はどことなく似ていますね。現在は30台中盤ということで、坂本選手を大人にした感じなのでしょうか。

姉2人は、水泳を習っていて、坂本選手も水泳をしていたそうなのですが、「水の中だと息が吸えなくて苦しい。」とフィギュアを選んだそうです。こんな可愛らしい理由を語っていますが、水泳も得意としていたそう。なんでもできて運動神経抜群なのですね。

年の離れた、姉2人にはとても可愛がられたことでしょう。ご両親もまた、次女が産まれてしばらくしてから産まれた坂本選手が可愛くて仕方なかったでしょうね。愛されて育った坂本選手の一番の支えは家族なのでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる